心と体の勃起障害

勃起障害になるには様々な要因があります。加齢や生活習慣や身体の障害に起因される例だけではなく、ストレスや不安や鬱など悩みを抱えているなどの心理的な面から勃起障害になる場合もあります。

勃起障害とシルフィルの効果、副作用について

勃起障害とはセックスを行うさいにペニスが十分に勃起しない状態を指します。勃起不全とも呼ばれますが、まったくペニスが勃起しない状態から、セックス中に勃起が収まってしまうといった状態も含まれ、満足なセックスが出来なければ勃起障害とされます。
勃起障害になる理由はさまざまですが、加齢や生活習慣などが影響しています。特にペニスへの血流に何らかの問題が発生した場合には、勃起障害が起こりやすいといえます。ただ多くの場合には栄養不足によるところもあり、治すための手段として精力剤が古くから使われてきました。
このため勃起障害に対応するためのサプリメントも販売されておりシルフィルもそのひとつになります。サプリメントや精力剤のメリットとしては医薬品と異なり副作用が出にくいという点です。基本的に医薬品と異なり合成された成分が使われているわけではなく既存の栄養素のうち勃起に必要な栄養素を重点的に摂取するというものであるため過剰摂取しても自然と排出され重症化する副作用が出にくいとされます。
シルフィルに含まれる成分としては、有機マカ末、トンカットアリエキス末、α-リポ酸、亜鉛含有酵母、L-アルギニン、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6となっています。いずれも天然素材が使われているため副作用が出にくいとされます。作用としてはペニスへの血流を良くし代謝を促すというもので、1日2回程度、1回2カプセルを摂取することになりますが、効果が高いため若干の発汗作用があり、体調が悪い場合や胃が不快感のある時などは避けるのが良いとされています。またシルフィルはサプリメントであるため効果が出るには時間が掛かるため継続的に服用する必要があります。